日経メディカルのロゴ画像

集団的個別指導、「単価が高い」と言われても…

2019/02/06

 近隣の病院が診療を縮小したことをきっかけに、本来であれば病院で治療を受けるべき患者さんの受診が増えた。時期を見てほかの病院に紹介していたが、高齢で遠方の病院に通院するのが難しい患者さんなどは当院で治療を続けてきた。その結果、「レセプト単価が高い」状況になってしまった。

 個別指導の対象医療機関の選定に当たっては、周辺の医療機関の有無などの事情は配慮してもらえないようだ。先日、集団的個別指導を受け、「この指導の後も点数が『適正』でなければ、○年後の個別指導の対象となります」と言われた。必要な患者に、必要な医療を提供しているだけなのに、検査や処置を減らさざるを得ないのだろうか。「萎縮医療」の文字が頭をよぎった(院長の髪の毛は既に萎縮しているけれど……)。

 ちなみに、当院のレセプト単価は厚生労働省が公表する「診療科別レセプト単価」の平均を下回っている。「なのになぜ!?」と思い、(情けないが)恐る恐る厚生局に質問したところ、「院内処方と院外処方の医療機関を比較するため補正している」とのことだった。院内処方の場合、処方料や調剤料などを算定する分、レセプト単価が高くなる。それが補正され、院外処方の当院のレセプト単価が相対的に高くなったわけだ。

連載の紹介

はりきり院長夫人の“七転び八起き”
開業21年目の無床診療所で、院長である夫を支える。持ち前のバイタリティーと患者目線のきめ細かな気配りで、医院の活性化に日々努めている。(このブログは、医療と介護の経営情報誌「日経ヘルスケア」で連載されている同名の人気コラムの転載です)

この記事を読んでいる人におすすめ