先日、「終活セミナー」に参加してきた。借金はほぼ返したし、子どもは自立した。スタッフたちも、それぞれよくやってくれている。近隣に新規開業の医院が出てきて、患者数は緩やかに減ってきたが、開業当初のようにがむしゃらに頑張るパワーはない。むしろ、これぐらいのペースがちょうどいいと思うことさえある。まだ先だとは思うが、医院の承継や閉院を意識しないといけない時期に入ったといえるだろう。

開業医の妻としてぜひ果たしたい「最後の大役」の画像

ログインして全文を読む