日経メディカルのロゴ画像

医師に隠れて車を運転するてんかん患者への対応

2012/06/05

 2011年4月に栃木県鹿沼市で小学生6人が犠牲となった、てんかん発作による交通事故から1年余りが経過しました。事故後、被害者のご遺族、日本てんかん協会、日本てんかん学会、法務関係、都道府県公安関係などさまざまな関係者が、発作性疾患をもつ人の運転のあり方について、議論を繰り返してきました。そんな中、今年の4月12日にはふたたび、軽ワゴン車が暴走して歩行者7人を死亡させ、多くの負傷者を出すという大変痛ましい事故が、京都市東山区で起きました。

 報道では、京都の事故の加害者はてんかんの治療を受けていたということですが、事故の直接の原因が発作であったかどうかは現在も捜査中です。しかし、二つの事故に共通するのは、「適切な手続きを経ずに免許を取得した人による交通事故」であったことです。

 多くのてんかん患者は、2002年6月1日に改正された現行の道路交通法に従って、適切な自己申告のもと運転免許の取得や取消を行っています。そんな中、発作が抑制されておらず、本来なら免許取得が認められないはずの人が、自動車事故を起こすことは、許される事ではありません。

 事故後、「てんかんは自己申告」という現行の運転免許取得制度に対し、より厳格な(確実に不正取得を防げる)運転免許交付制度を要望する声が出ていますし、てんかんであることを申告せずに運転免許を不正取得して死傷事故を起こした場合には、危険運転致死傷罪による厳罰を適用できるよう、刑法の条文を改正しようとの声も高まっています。

 患者やその家族、支援者が中心となって構成する「日本てんかん協会」は、昨年の栃木の事故後、てんかんのある人に対し、適切な治療を受けられるよう助言・援助することや、法に則った運転免許取得に関する啓発が必要との提言をしました。てんかん治療にかかわる医師が多く所属する「日本てんかん学会」も、てんかんのある人が法律に基づいて運転免許を取得・更新することで、公共交通の安全向上に寄与すべきとの声明を出しました。

 運転が心配なのはてんかん患者に限った話ではありません。このことは過去のブログ(「運転が心配なのはてんかん患者に限らない」)を参照いただきたいところですが、運転者の法的責任の根本にあるのが、「自動車教習所に入所する際や、免許申請時に行われる病状申告は個人の社会的な義務である」ということです。従って、何らかの発作性疾患があり、自動車を運転することの危険性を自ら認識していながら交通事故を起こした際には、当然、刑事・民事的な責任が問われることになります。

著者プロフィール

今高城治(獨協医科大学小児科講師)●いまたか じょうじ氏。獨協医科大学医学部卒、慶應義塾大学文学部(哲学)卒、医学博士。小児神経学会評議員。現在、慶應義塾大学法学部(通信教育課程)に在籍し政治学を専攻中。

連載の紹介

今高城治の「医療と生命倫理のパンセ」
文明と医学の進歩は人類に本当の幸せをもたらすのか?超重症児医療に従事しながら、哲学・倫理学・法学を修める今高氏が、独自の世界観を背景に現代の倫理、哲学、思想、サイエンスに対する諸問題を論考していきます。

この記事を読んでいる人におすすめ