日経メディカルのロゴ画像

コンビニ受診を控えよう

2008/02/13

写真 「こどもを守ろう、お医者さんを守ろう」の署名活動で集まった署名を、県健康局職員に手渡す丹生裕子さんたち(写真提供:丹波新聞)

 先日、兵庫県神戸市で開催された講演で、「県立柏原病院の小児科を守る会」(ホームページはこちら)の丹生裕子さんたちにお会いしました。同会は、「こどもを守ろう、お医者さんを守ろう」の署名活動とともに、「コンビニ受診を控えよう」という呼び掛けを行っている全国的に有名な市民団体です。

 同会が配布するパンフレットには、「市民の皆様へ ママ達からの緊急メッセージ」として、はじめに「柏原病院の小児科医が1人もいなくなってしまうかもしれません」と、同院の危機的な状況が訴えられています。

著者プロフィール

本田宏(済生会栗橋病院院長補佐)●ほんだ ひろし氏。1979年弘前大卒後、同大学第1外科。東京女子医大腎臓病総合医療センター外科を経て、89年済生会栗橋病院(埼玉県)外科部長、01年同院副院長。11年7月より現職。

連載の紹介

本田宏の「勤務医よ、闘え!」
深刻化する医師不足、疲弊する勤務医、増大する医療ニーズ—。医療の現場をよく知らない人々が医療政策を決めていいのか?医療再建のため、最前線の勤務医自らが考え、声を上げていく上での情報共有の場を作ります。

この記事を読んでいる人におすすめ