日経メディカルのロゴ画像

“日本仕様”で医療機器の値段が倍に

2006/12/27
“日本仕様”で医療機器の値段が倍にの画像

 前回の最後に、パソコンはいつ止まってもおかしくない道具なのに、そのことが理解されていないと述べた。パソコンは必ず壊れる。だからバックアップが重要なのである。バックアップは3セット作り、機器の横(直ぐに使える)、同一建物の中(機器の横のバックアップが壊れたときの予備)、別の場所(建物の火災などにより消失したときの予備)と、念を入れて行う必要もある。

著者プロフィール

飛岡宏(飛岡内科医院副院長)●ひおか ひろし氏。1980年川崎医大卒後、岡山大第2内科入局。岡山労災病院、新居浜十全病院、岡山市立市民病院を経て、90年9月より飛岡内科を継承開業、副院長として現在に至る。

連載の紹介

飛岡宏の「開業医身辺雑記」
「コンピューターと医療の世界を結び付ける」ことをライフワークとする飛岡氏。日々の診療を通じて感じる開業医の喜びや悩み、実感する現代医療の問題点などを、肩の凝らないエッセイ風につづります。

この記事を読んでいる人におすすめ