日経メディカルのロゴ画像

医療を変えるのは「バカ者」「よそ者」「若者」

2014/12/26

 前回のコラムで「バカになる人、なれる人」を書いた。某役所のお偉いさんが記事をご覧になり高評価であった、と風の噂で知った。私の悪い癖に、ほめられると図に乗るところがある。よって、またまた今回も“バカ”関連で進めたい。ただ、“バカ”のみだと「バカの一つ覚え」になるので、今回はラインナップを増やしてみた。「バカ者」「よそ者」「若者」の3つだ。

 イノベーションを生み出す人材としてこれら三者が取り上げられることがある。既存の組織や世界では、過去の成功体験やこれまでのしがらみに固執するあまり、新しいシステムやモデルを作れず、停滞感や閉塞感が渦巻くことがある。組織の構成員が古い考えに固執したり続いている習慣を捨てられなかったりして、思い切った大きな変革ができない。医療の世界にもこの種の閉塞感や停滞感を感じている読者も多いのではないだろうか?

 医療の世界はネコの手も借りたいくらい問題が多く複雑で忙しい。ならば、ネコの手でなく「バカ者」「よそ者」「若者」の手を借りて、医療の諸問題を解決するヒントを見つけていこうではないか。まず、簡単に三者をまとめてみよう。

■「バカ者」:周囲から見ても、馬鹿と思えるくらい一途に一生懸命に活動する。目標に向かって行動していく強い行動力を持った人。または、旧来の価値観の枠組からはみ出る。

■「よそ者」:自分たちは気づきにくい視点を持つ。外部からのクールな目によって新しい価値を発見する。従来の仕組みを批判的に見ることができる。

■「若者」:旧来依然としたやり方にとらわれずに新たなことにチャレンジする。新しい文化やスタイルを自分たちも楽しみながら創っていく。若さという強力な体力・エネルギーを持つ。

 これら三者に共通するのは、「失敗を恐れない」ということだ。地位や名誉がなければ、たとえ失敗しても後悔をする心配はない。だから、「バカ者」「よそ者」「若者」ほど、大胆なアイデアと行動が飛び出す。そして、しがらみがないからこそ自由な行動が可能となる。ある意味、守るものが少ない立場でもあるので、捨て身の強さがあるのだろう。地域活性化の成功モデルをいくつか見ると、域外から来た若者の斬新なアイデアで地域が復興した、との話も聞く。私も時折、若く専門外の人が斬新なアイデアを出して「そうかその手があったか!」と膝を打つ場面に出くわすことがある。さらに、若さのパワーをフルに活かした一途な実行力に心を打たれることも多い。文化祭や学園祭のあの熱狂的なノリで物事を進めていく感覚なのだろう。

著者プロフィール

裴 英洙(ハイズ(株)代表取締役社長)●はい えいしゅ氏。1972年生まれ。金沢大学大学院医学研究科修了。外科医・病理医として勤務後、MBAを取得し2009年に起業。医業経営コンサルタントの仕事の傍ら、再建先で臨床医として医療現場に携わる。

連載の紹介

裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
医療機関の経営問題を解決しないと、医師が意欲を持って働けない—。そんな危機感からMBAを取得し、コンサルティング会社を設立した異色キャリアの医師。これまでの経営支援の経験から、病医院で見過ごされがちな問題やエピソードを語ります。
裴英洙氏による書き下ろし!
『医療職が部下を持ったら読む本』
好評発売中

 現場でバリバリと臨床業務に携わってきた皆さんが、「来月から診療科長よろしく」と急に言われたら、どうしますか?
 本書は、診療科長、看護師長といった病院の中間管理職や、診療所の院長など「部下を持ったばかりの医療職」に求められる経営・マネジメントの基本スキルをまとめました。「カリスマ医師に経営陣が強く言えない病院」や「医療部門と事務部門に壁がある組織」など、医療現場ならではの20の事例を題材にしており、実践的な知識が身に付きます。
(裴英洙著、日経ヘルスケア編、日経BP社、2400円税別)

この記事を読んでいる人におすすめ