日経メディカルのロゴ画像

特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ

2017/08/18

 医療訴訟において、説明義務違反といえばかつては医師が説明を怠っていたことが争点でした。ところが近年、医師はしっかり説明したはずなのに、実は患者やその家族は納得しておらず、裁判にもつれ込み、医療側が敗訴するという事例がまれではなくなっています。

 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」では、そうした裁判例をピックアップし、何が問題なのか掘り下げました。説明したのに記録がないという初歩的な問題もあったのですが、根深いところには医師と患者のコミュニケーション不足が潜んでいました。専門家は「説明と同意、いわゆるインフォームド・コンセントが形骸化しているのでは」と指摘します。十分な情報に基づき説明をし、患者が納得した上で同意を得る――という一連の流れを、今一度、見直してみてはいかがでしょうか。

連載の紹介

編集会議 on the Web
毎回、白熱する日経メディカル Onlineの会議。その議論の様子や、スタッフの日々の仕事の模様、会員の方々からいただいた当サイトへの反響などをリアルにお伝えします。「こんな記事が読みたい」「こんな情報がほしい」など、ご意見・ご要望がありましたら、ぜひお寄せください。

この記事を読んでいる人におすすめ