日経メディカルのロゴ画像

チューブ挿入状態の死体CT画像の意義

2007/11/29
チューブ挿入状態の死体CT画像の意義の画像

 今回の症例は、CPAOA(来院時心肺停止)で蘇生措置として行われた、胸腔ドレナージチューブ、心嚢液ドレナージチューブが入った状態で撮像されています。この症例は医療訴訟になったわけではありませんが、死因と処置内容を画像で残した一例として、紹介してもらいました。

連載の紹介

編集会議 on the Web
毎回、白熱する日経メディカル Onlineの会議。その議論の様子や、スタッフの日々の仕事の模様、会員の方々からいただいた当サイトへの反響などをリアルにお伝えします。「こんな記事が読みたい」「こんな情報がほしい」など、ご意見・ご要望がありましたら、ぜひお寄せください。

この記事を読んでいる人におすすめ