日経メディカルのロゴ画像

【日経メディカル「日本医学会総会」レビュー Vol.2】
《'79東京総会》 「創造と実践」の第一歩印す

2007/04/29

 「いやはや大変な警備だった」「学術集会の成功は警備のおかげ」――。1979年5月号に掲載された東京総会を取材した記者座談会の書き出しです。前回の京都総会で開会式ができなかったほどの混乱を受けて、とにかく厳しい警備体制が敷かれていたようです。

 そんな厳しい警備の中、「夫婦連れが多かったのが目についた。都内のある医大教授が自分の講演を奥さんに聞かせていたのは、総会ならではという感じがした」そうです。ちなみに、同じ号の『日経メディカル』には、医薬品広告の中に混じって、1カラットのダイヤモンドが付いた170万円の指輪の広告も載っていました。

 なお、記者座談会の最後の話題は「総会無用論」でした。「総会無用論というのも結構聞くけれども、ボクはあった方がよいと思う。4年間の医学の進歩はすさまじいものね」とのコメント。今も昔も論点は変わらないようです。

 さて、この東京総会のテーマは「明日の医学をひらく――創造と実践」。創造=基礎研究、実践=臨床、という位置付けで、130題の講演やシンポジウムが行われました。「実地医家のために」という柱を設けて、開業医が参加しやすい内容にしたそうです。その中から日経メディカルでは、実地医家に関連が深く、進歩の著しいものとして、(1)救急医療、(2)薬の使い方、(3)免疫疾患の診断と治療――の3つを選んでいます。

 救急医療では「ゴールデン・アワーを逃すな」のキャッチフレーズで、初期医療の重要性をクローズアップ。薬の使い方では、「薬物の生体内利用度 製薬メーカーにより同一薬剤の薬効が異なる」、「ステロイド療法 分子レベルの作用機構の解明進み新段階迎える」などを解説しています。また「予防を抗生剤に頼りすぎないよう」として、耐性菌の問題も指摘しています。免疫療法では、ガンの免疫療法、免疫不全などが紹介されていました。(佐原@編集部)

連載の紹介

編集会議 on the Web
毎回、白熱する日経メディカル Onlineの会議。その議論の様子や、スタッフの日々の仕事の模様、会員の方々からいただいた当サイトへの反響などをリアルにお伝えします。「こんな記事が読みたい」「こんな情報がほしい」など、ご意見・ご要望がありましたら、ぜひお寄せください。

この記事を読んでいる人におすすめ