日経メディカルのロゴ画像

【Cadetto通信◆vol.6】
1日15時間以上勤務を強いられる医師も

2006/11/10

 前回のブログで、「医師の時給はたった708円? 」を書いたところ、「待機時間をどう扱うかによって勤務時間の計算が異なるのでは」「医師は労働基準法の適用外なのでは」等々、時給を計算する基となる勤務時間そのものをめぐるコメントをお寄せいただきました。また竹中先生のブログ「医師の超勤には『ちゃんと払ってくださいね』でも、医師の長時間労働をめぐって活発な意見な意見交換が行われています。さらに本田先生のブログ「過重労働を強いられる勤務医、なぜ定年後も働く?」でも、勤務医の過酷な労働を取り上げています。医師の勤務実態は、本当に身近な、かつ切実な問題として皆様がとらえている表れでしょう。

 では、医師はいったい何時間勤務しているのでしょうか。日経メディカル Cadettoの調査では、若手医師の1日当たりの勤務時間についても尋ねています。前述の通り、「病院にはいるものの、待機時間をどう扱うか」などによって計算の仕方は異なるのですが、個々の医師が「実感として働いている時間」を回答してくださったのだと解釈しています。

連載の紹介

編集会議 on the Web
毎回、白熱する日経メディカル Onlineの会議。その議論の様子や、スタッフの日々の仕事の模様、会員の方々からいただいた当サイトへの反響などをリアルにお伝えします。「こんな記事が読みたい」「こんな情報がほしい」など、ご意見・ご要望がありましたら、ぜひお寄せください。

この記事を読んでいる人におすすめ