日経メディカルのロゴ画像

【日経メディカル「夏」記事レビュー Vol.3】 夏の皮膚疾患
長引く「とびひ」はMRSAを疑え

2006/08/16

 夏記事レビューの最終回は、夏の皮膚疾患です。2000年6月号のシンポジウムでは、「夏の皮膚病」をテーマに、「あせも」「とびひ」「虫刺症」「水虫黒なまず」の4疾患を取り上げ、皮膚科の先生方に解説いただきました。

 中でも伝染性膿痂疹(とびひ)は、近年、原因菌の薬剤耐性化が進み、難治例が増えています。2005年5月号のトレンドビューでは、MRSAによる伝染性膿痂疹の見分け方と、治療のコツについて紹介しました。なお、ここには掲載していませんが、日経メディカルの最新号(2006年8月号)の特集「外来で耐性菌と戦う!」でも、伝染性膿痂疹の薬剤耐性化の現状を解説しています。併せて、お読みください。(田島@編集部)

   *タイトルをクリックすると、pdfファイルがダウンロードできます。
   *記事をご覧いただけるのは「医師会員」の方のみです。ご了承ください。


〔2005年5月号 トレンドビュー〕
たかが“とびひ”、されど…
薬剤耐性菌の増加で3割がMRSA


〔2002年8月 患者指導ノート〕
伝染性膿痂疹(とびひ)

〔2000年6月号 シンポジウム〕
夏の皮膚病-とびひ
皮膚を清潔にし局所治療 MRSAで難渋する場合も


〔2000年6月号 シンポジウム〕
夏の皮膚病-あせも
発汗量の多い部位に好発 汗の対策とスキンケアを


〔2000年6月号 シンポジウム〕
夏の皮膚病-虫刺症
年齢や頻度で症状に差 原因虫の同定と駆除が重要


〔2000年6月号 シンポジウム〕
夏の皮膚病-水虫・黒なまず
診断には直接鏡検が必須 抗真菌薬の使い分けが重要


〔2004/03号 トレンドビュー〕
水虫の経口薬で患者死亡
肝障害の予防に血液検査は必須

連載の紹介

編集会議 on the Web
毎回、白熱する日経メディカル Onlineの会議。その議論の様子や、スタッフの日々の仕事の模様、会員の方々からいただいた当サイトへの反響などをリアルにお伝えします。「こんな記事が読みたい」「こんな情報がほしい」など、ご意見・ご要望がありましたら、ぜひお寄せください。

この記事を読んでいる人におすすめ