日経メディカルのロゴ画像

【日経メディカル「夏」記事レビュー Vol.1】 熱中症と脱水
熱中症は常に重症化を念頭に

2006/08/14

 日経メディカル オンラインでは、夏休み特別企画として、月刊誌『日経メディカル』に過去に掲載した「夏」関連の記事を集めてみました。本日から3日間、それぞれ「熱中症と脱水」「食中毒と感染症」「夏の皮膚疾患」をテーマに、連日紹介します。




 第1回目は「熱中症脱水」です。今年は、今のところ患者数は少ないようですが、昨年度、東京都では熱中症患者数が1000人を超え、2000年以降では過去最高を記録しました。

 患者は、1日の最高気温が29~30℃を超えるころから発生し、33~34℃を超える辺りから急激に増加するといいます。2004年8月号トレンドビューによれば、「熱中症と判断したら、一般医がやるべきなのは、冷却、輸液、転送の3つだけ」。記事では、熱中症診断の落とし穴などを解説しています。(田島@編集部)

   *タイトルをクリックすると、pdfファイルがダウンロードできます。
   *記事をご覧いただけるのは「医師会員」の方のみです。ご了承ください。



〔2004年8月号 トレンドビュー〕
熱中症は常に重症化を念頭に
救急医のいる施設への即時搬送が必須


〔2003年7月号 患者指導ノート〕
熱中症

〔2001年7月号 シンポジウム〕
脱水症の管理-高齢者
脱水が重大な血栓症を招く 起床時の水分摂取を指導


〔2001年7月号 シンポジウム〕
脱水症の管理-小児
胃腸炎や暑熱障害が要因に 経口補液で早めの対処を


連載の紹介

編集会議 on the Web
毎回、白熱する日経メディカル Onlineの会議。その議論の様子や、スタッフの日々の仕事の模様、会員の方々からいただいた当サイトへの反響などをリアルにお伝えします。「こんな記事が読みたい」「こんな情報がほしい」など、ご意見・ご要望がありましたら、ぜひお寄せください。

この記事を読んでいる人におすすめ