日経メディカルのロゴ画像

【なんでもランキング:診療の手引き書】
『今日の○○○』がトップ3を独占

2007/06/13

Q あなたが日ごろ診療の際に使用している「診療の手引き書」を教えてください。(使用頻度の高いものから3つまで) ―クリックすると拡大表示します

 『日経メディカルCadetto』の「なんでもランキング」から次に紹介するのは、「診療の手引き書」のランキングです。アンケートでは、診療科を問わず広く臨床で使用されている書籍をイメージして、広い疾患を対象としたガイドライン的な内容のものと、コンパクトな医薬品集を合計10個ほど選択肢として挙げました。回答者は、若手医師223人です。

 結果は右表の通りで、いずれも古くから先生方に親しまれている『今日の○○○』がトップ3を占めました。『治療薬マニュアル』こそ、医薬品集としては2番手に甘んじましたが、毎年違う著者が執筆していることで有名な『今日の治療指針』は、今回の調査で60%超の支持を得ていますし、『今日の診断指針』も合わせると、さすが老舗の医学書院、という感じです。

UpToDate』と『ワシントンマニュアル』も健闘
 ランキングトップ10のうち、8位、9位、10位は、アンケートの選択肢としては用意していなかったものなので、選択肢に入っていたら、もっと上位に来ていた可能性もあります。

 特に、Webサイト「UpToDate」は、ほかの選択肢が書籍なので、対象外と考えた回答者も多かったはず。それでも、4人の方が自由記述欄に記入していましたから、強い支持を感じます。そういえば、この結果を見て、全く別件の取材で医師の先生方と話をしている時に、何度かUpToDateの名前を耳にしていたことを思い出しました。このUpToDate、どうやら、かなり日本にも浸透しているようですので、またアンケートで調べてみたいと思います。

連載の紹介

カデット on the Web
Cadettoはイタリア語で弟の意味。『日経メディカル』の弟分である若手医師向け雑誌『日経メディカルCadetto』のブログです。記事では書ききれなかったこぼれ話や裏話を中心に、U35ドクター向けのキャリアアップ関連情報をお届けします。コメントも気軽にお寄せください。
雑誌『日経メディカルCadetto』のご購読の申し込みは、こちらまで

この記事を読んでいる人におすすめ