日経メディカルのロゴ画像

「ミッキーマウスの中の人」は幸せか?

2013/06/24

 当院の総合内科では、「RRカンファレンス」というカンファレンスを毎週行っています。このカンファレンスは、日常診療の中で、医学以外の事情でなかなかうまくいかなかったことや、すんなり事は済んだんだけれども何となくもやもやしたことを事例ベースで発表し、倫理的な問題点や専門職意識などについて議論し合う場です。

 ほとんどの事例は、どの医師も似たような体験をしているありがちなものです。そのような事例を共有して、日頃の自分の臨床行為や態度、患者や同僚との関係などについて、もやもやしていることを言語化し共有していくことを行っています。もともとRRは「リフレクション&レビュー」の頭文字だったのですが、現在は「あるあるカンファ」とも呼ばれています。そっちの方がしっくりきますね。

連載の紹介

尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」
医師のあり方を神に誓った「ヒポクラテスの誓い」。紀元前から今でも大切な規範として受け継がれていますが、現代日本の医療者にはそぐわない部分も多々あります。尾藤氏が、医師と患者の新しい関係、次代の医師像などについて提言します。

この記事を読んでいる人におすすめ