日経メディカルのロゴ画像

救急医療が崩壊中の熊本市、病院が連絡会議

2022/02/25

熊本市南区におけるコロナウイルス対応連絡会議で司会をする著者(写真右)

 2月初めから、熊本市は救急医療体制が崩壊している。ひっ迫ではなく、これはもう崩壊だ。

 もちろん崩壊の定義にもよるとは思うが、東日本大震災による原発事故の際、「メルトダウン」という言葉をほとんど使わなかったのと同様、「医療崩壊」という言葉も、政府は使いたくないのだろう。しかし、2月から熊本市内の医療機関の病床使用率は、80%を超過する状況が続いている。

 一般の人からみれば、「80%病床が埋まっていても、あと20%空いているじゃない」と思われるかもしれない。でも実際は、病床の80%が埋まれば、人員不足になり、救急医療や緊急手術などは不可能である。通常診療は当然制限され、救急車は受け入れ困難が続き、数字としては出てこないものの現場感覚として、早く治療できていれば助かった患者はかなりの数となっている。

 東病院もオミクロン株の感染力に屈し、看護師や入院患者の中で感染者が発生し、2月から救急車の受け入れが困難になった。院内に感染者が出るとその治療に手がかかるので、外部からの受け入れが難しい。

著者プロフィール

東謙二(医療法人東陽会・東病院理事長兼院長)●あずま けんじ氏。1993年久留米大卒。94年熊本大学医学部第2外科。熊本地域医療センター外科などを経て、2000年東病院副院長。03年より現職。

連載の紹介

東謙二の「“虎”の病院経営日記」
急性期の大病院がひしめく熊本市で、63床の病院を経営する東謙二氏。熊本市の若手開業医たちのリーダー的存在でもある東氏が、病院経営や医師仲間たちとの交流などについて、ざっくばらんに語ります。
この連載が本になりました!
『“虎”の病院経営日記 コバンザメ医療経営のススメ』
好評発売中

 本連載、「東謙二の“虎”の病院経営日記」が1冊の本になりました。約10年間の掲載からよりぬきの回を「病院経営」「連携・救急」「医療の話」「ひと・酒」の4テーマに分け収録。書き下ろし「中小病院が生き残るための15箇条」の章は、「敵対より連携」「コバンザメ医療経営のススメ」「中小病院の生きる道」「2代目は本当にだめか」「同族経営と事業承継」……など、民間医療機関の経営者には必読の内容となっています。
(東謙二著、日経メディカル開発、2700円+税)

この記事を読んでいる人におすすめ