日経メディカルAナーシングのロゴ画像

連載第6回◎トークセッション2
円滑な在宅復帰のためにナースが今できること

円滑な在宅復帰を進める上でカギとなるのは、病棟看護師の関わりだ。多職種の意見を調整し、患者・家族の自己決定を促していく役割が求められる。そのために身に付けるべき「生活を支える視点」について、パネリストが語った。

連載の紹介

ナースが支える在宅復帰
Aナーシングの連載でお馴染みのLife On Vital Element社が、2014年秋に都内で開催した勉強会「ナースが支える在宅復帰」を完全収録しました。Aナーシングも企画協力。退院調整看護師、訪問看護師、医師がそれぞれの立場で、「円滑な在宅復帰に向けて現場でできること」について、熱く語ります。

この記事を読んでいる人におすすめ