日経メディカルAナーシングのロゴ画像

連載第1回◎開会の挨拶、基調講演1
地域包括ケア時代に看護が果たすべき役割
秋山正子氏([株]ケアーズ白十字訪問看護ステーション統括所長)

2015/01/29
井田恭子=日経メディカル

 2014年9月28日、訪問看護事業を手掛けるLife On Vital Element(株)が、都内で定例勉強会を開催した。今回のテーマは、「ナースが支える在宅復帰」。円滑な在宅復帰に向けた看護師の役割について、病院の退院調整看護師、在宅療養を支える訪問看護師、双方の立場から語り合ってもらう企画だ。秋山正子氏([株]ケアーズ白十字訪問看護ステーション統括所長)のビデオレターや、筑波大学病院医療連携患者相談センター副センタ―部長の浜野淳医師による講演など、勉強会の内容は盛り沢山。当日の模様を動画を交え、シリーズでお届けする(1月29日から週1回、公開していきます)。

連載の紹介

ナースが支える在宅復帰
Aナーシングの連載でお馴染みのLife On Vital Element社が、2014年秋に都内で開催した勉強会「ナースが支える在宅復帰」を完全収録しました。Aナーシングも企画協力。退院調整看護師、訪問看護師、医師がそれぞれの立場で、「円滑な在宅復帰に向けて現場でできること」について、熱く語ります。

この記事を読んでいる人におすすめ