日経メディカルAナーシングのロゴ画像

「退院支援」は看護そのもの

2016/12/19
宇都宮宏子(在宅ケア移行支援研究所 宇都宮宏子オフィス)
「退院支援」は看護そのものの画像

みなさんはじめまして。私は2012年の春、退院支援看護師をしていた大学病院を辞めて、「退院支援の伝道師」(笑)として講演や研修などで全国各地を飛び回っています。

著者プロフィール

宇都宮宏子◎うつのみやひろこ氏。1980年京都大学医療技術短期大学部看護学科卒業。看護師を経て訪問看護師に。2002年より京都大学附属病院退院調整看護師。2012年在宅ケア移行支援研究所を設立し、コンサルテーション活動などを行う。著書に『退院支援実践ナビ』『これからの退院支援・退院調整』『退院支援ガイドブック』ほか。

連載の紹介

宇都宮宏子の「退院支援」活動日誌
日本の退院支援・在宅療養移行支援のパイオニアである筆者の活動日誌。「退院支援の伝道師」として全国を駆け回る著者が、行く先々で出会った仲間たちの声とともに、日本の退院支援のいまとこれからを伝えるエッセイ風コラム。退院支援にかかわるあらゆる医療者に向けて、筆者が今感じていること、退院支援の課題ややりがい、読者に伝えたい熱い応援メッセージをお届けします。

この記事を読んでいる人におすすめ