日経メディカルAナーシングのロゴ画像

「新米副看護部長が行く!」連載巻頭インタビュー
杏林大病院が副看護部長を倍増したワケ

 4月23日、新コラム「新米副看護部長が行く!@杏林大病院」がスタートします。それに先立ち、今月副看護部長に就任したばかりの執筆者、高崎由佳理さんと根本康子さん、そして看護部長の道又元裕さんに同院看護部の現状と課題について聞きました(敬称略)。

著者プロフィール

高崎由佳理(杏林大病院副看護部長、左)●たかさき ゆかり氏。1990年杏林大病院入職。産科病棟師長、外来師長などを経て、2014年から現職。12年国際医療福祉大大学院修了。助産師。根本康子(杏林大病院副看護部長、右)●ねもと やすこ氏。1987年杏林大病院入職。2004年手術部師長、14年から現職。13年国際医療福祉大大学院修了。

連載の紹介

新米副看護部長が行く!@杏林大病院
2014年4月に副看護部長に就任した二人の筆者が、看護部での奮闘の様子を交互に綴るエッセー。診療報酬制度など病院経営に直結する話題から、人材育成に関することまで、看護管理全般の話題に幅広く切り込みます。

この記事を読んでいる人におすすめ