世界保健機関(WHO)のインターンに着任して1週間は、「ああ、俺はだめだ。せっかくもらったインターンのチャンスも、たかが英語が話せないことごときで無駄に終えることになるんだ」と喪失感に駆られました。

 オフィスに居ても、なるべく誰とも話さないようにしていました。
 私のデスクに誰かが近づいてくると、「頼む、話しかけないでくれ、頼む」と心の中で必死に唱える始末。

磨け、語学力! 看護師の私が、国際機関で通用する英語を身につけるためにやっていることの画像

ログインして全文を読む