日経メディカルAナーシングのロゴ画像

NEWS◎国際モダンホスピタルショウ2014
患者の映像を表示するスマホのナースコール
処置内容をその場で入力、電子カルテとも連携可能

写真1 Vi-nurseの着信時の画面
患者の映像が表示される。スマートフォンは最大16台まで同時に呼び出しできる。

 インターホン機器の製造販売を手掛けるアイホンは今年9月、スマートフォンと連動したナースコールシステム「Vi-nurse」を発売する(写真1)。呼び出し時に患者の映像をスマートフォンの画面に表示したり、処置内容をその場で入力できる。7月16~18日に開催された「国際モダンホスピタルショウ2014」で展示された。

 Vi-nurseは、スタッフステーションに設置する親機、看護師用の子機、患者用の呼び出しボタンやカメラ、ナースコールシステム用サーバーなどで構成される。親機は壁に掛けるボード型PCや卓上型PCなどから選べ、子機はスマートフォンとPHSから選べる。

 患者が呼び出しボタンを押したり、ベッドサイドに設置したカメラが患者の起き上がりや離床を検知すると、親機やスマートフォンに通知する。この際、写真1のように患者の映像を画面に表示する。「鳴動時に映像が表示されることで、患者の状態や緊急度が分かり、迅速な対応や判断につながる」とアイホン営業本部販売促進部販売促進第二課主事補の有村俊秀氏は説明する。

この記事を読んでいる人におすすめ