日経メディカルAナーシングのロゴ画像

NEWS◎14年度診療報酬改定の影響度
「病院ナースも訪問看護」の時代到来?
全国訪問看護事業協会 診療報酬改定セミナーより

 3月30日、全国訪問看護事業協会は、都内で2014年度診療報酬改定セミナーを開催した。訪問看護については、今改定で新設された機能強化型訪問看護ステーションの要件(関連記事:速報!2014年度診療報酬改定)に関心が集まっているが、実は、急性期病院の「7対1要件の厳格化」など、入院医療に関わる改定内容も、訪問看護事業所の運営に大きな影響を与えると言えそうだ。

 セミナーで講演した日本看護協会常任理事の齋藤訓子氏は、今改定の影響について、「訪問看護の利用者の多様化、重度化に拍車がかかる上、病院が再び訪問看護ステーションを開設する動きも起きてくるのではないか」とみる。

この記事を読んでいる人におすすめ