日経メディカルAナーシングのロゴ画像

看護外来もフル回転!待機手術の待ち時間短縮策

2021/06/11
ピネガー由紀

 英国では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者が減少し、2021年1月半ばにはICUと病棟に400人近くのコロナ患者がいた当院も、今では患者数が0から一桁の間になった。コロナ医療に駆り出されていたスタッフたちも、自分の本来の部署に戻った。病院の外では厳格なロックダウンが段階的に解除され、お店は再開、子どもたちは本格的に学校へ復帰した。ワクチン接種も順調に進んでいる。

 今度こそ英国では「コロナからの医療復興」が始まる。コロナ対応に集中するために、国の政策として医療には優先順位がつけられてきた。特に優先度の低い「待機手術」の深刻な遅れは、英国全土で問題となっている。膝や肩などの整形外科手術、局所麻酔に鎮静薬をかけてのマイナー手術や白内障手術などの、いわゆる「不急手術」だ。この分野の手術は、もともと待ち時間が長く、国民に無料で医療を提供するNHS(National Health Service;国民保健サービス)のネガティブな特徴にもなっている。コロナで大打撃を受けて、今では1年以上手術の順番を待っている人は珍しくない。

 そこで今回は、私の本業である外科の仕事を通して、NHSの復興について書いていく。

著者プロフィール

ピネガー由紀(英国正看護師、フリーランス医療通訳)●ぴねがー ゆき氏。2013年、英国マンチェスター大学看護学部卒。公営の急性期病院(NHS病院)の正看護師として、主に外科部門で病棟、手術前アセスメント、入院管理、学生指導などを担当。2015年よりフリーランス医療通訳としても活動を開始。2020年4月より新型コロナウイルス感染病棟に勤務。ツイッターで情報発信中。YouTubeでも医療英語やイギリスの看護師、連載中に出てくる英文を紹介します。

連載の紹介

ピネガー由紀の「英国NHS看護師の現場ルポ」
母国語同士でも要注意!「病院の言葉」の分かりにくさは、洋の東西を問わない──。英国の公的病院(NHS病院)で看護師として働く傍ら、医療通訳としても活躍している著者が、医療現場でよく使われる英語のフレーズを切り口に英国医療の今を伝えます。

この記事を読んでいる人におすすめ