日経メディカルAナーシングのロゴ画像

第10回
多職種での退院前カンファを成功に導くには

2020/11/18
山内真恵(武蔵野赤十字病院)

 退院前カンファレンスは、退院後の生活を支える関係機関と病院内の多職種で行うカンファレンスです。事前に把握しておいた患者・家族の希望や意向を踏まえ、必要な情報提供を行い、退院後の課題について検討して、患者・家族が安心して退院できるようにすることを目的としています。

 退院前カンファレンスは入院患者全員に必要なものではありません。疾患や病態などに基づいて対象者を抽出する必要があります。一般には、(1)高度な医療機器の使用が必要な患者、(2)在宅療養でも症状コントロールが必要な患者、(3)退院後の生活への不安が強い患者──などが対象として挙げられます。

 それでは、事例を基に効果的な退院前カンファレンスの進め方を考えていきましょう。

連載の紹介

デキるナースの「ワザあり! 入退院支援」
「東京都退院調整看護師の会」会員を含む退院調整看護師を執筆陣に迎え、入退院支援の多様な事例に基づく実践内容を紹介。病院、訪問看護、施設など、入退院支援に携わるあらゆる看護師の「気付き」や「学び」を促します。入退院支援のエキスパートたちによる「ワザあり!ポイント」も必見!

この記事を読んでいる人におすすめ