日経メディカルAナーシングのロゴ画像

脱水時の輸液、使う製剤はどれ?

2015/03/27
永谷ますみ(藤田保健衛生大学病院中央診療部 診療看護師)

 大学院1年目は、座学と並行して急性期・外科患者管理演習がありました。2年目から始まる臨床実習の前段階です。

 最初の授業は、意外にもプレゼンテーション方法の演習で、慣れないパワーポイントを使っての自己紹介から始まりました。5分の持ち時間でどのように自分をアピールすればいいのか、簡単なはずの自己紹介なのに気付けば数時間も準備に費やしていました。今まで人前でプレゼンテーションする機会がほとんどなかったため苦労しましたが、スライドの背景や字体の選び方、話すテンポや聴衆を引きつける話し方など、多くを学びました。

著者プロフィール

2014年3月、藤田保健衛生大学大学院保健学研究科看護学領域急性期・周術期分野を1期生として修了し、「診療看護師」として勤務する8人が執筆を担当します。

連載の紹介

NP養成の舞台裏@藤田保健衛生大学
各地の看護系大学院で養成が進む診療看護師(Nurse Practitioner;NP)。その一つ、藤田保健衛生大学大学院の修了生が、大学院での学びや現場での実習の様子など、NP養成の“舞台裏”を紹介。看護師が治療の視点を持つ意義について考えます。

この記事を読んでいる人におすすめ