医療においては「患者のために」ということを第一にして、「チームが一丸となって」とか「自分自身の心身の健康状態を良好にする」といったことは強調されてきており、少なからずそういった意識は持たれていると思います。しかし、「働く仲間を楽にする」ということはあまり考えられていないのではないでしょうか。

 しかし、働く人のストレスの多くは人間関係によるものです。そして、人と人は相互に影響を与え合うものです。ですから今こそ、これまで強調されてきたストレスケア(セルフケア)から一歩広げた視点を持ち、自身だけでなく働く仲間も楽にすることを目指していく必要があると思うのです。

 今回は「序章」として、まずは「働く仲間を楽にする」とはどういうことかについて考えてみましょう。

なぜ、仲間を助けると自分が働きやすくなるのか?の画像

ログインして全文を読む