看護師人口の中で「訪問看護師として働いている」または「訪問看護に興味がある」という方はまだまだ少数派でしょう。しかし、国の医療政策を見れば、今後も在宅ケアのニーズがますます高くなることは明らかです。従って、長い看護師人生において、訪問看護へのキャリアチェンジは合理的かつ現時点では攻めの選択だと言えるでしょう。

訪問看護のイメージギャップ、その根底には…の画像

ログインして全文を読む