日経メディカルAナーシングのロゴ画像

「他業種からの異分子」だからできた職場改革

2020/02/28
看護のお仕事

一般企業に勤めながら、
ずっと救急救命士を目指していたTさん。
でも、消防隊員としての採用は狭き門。
合格できないまま30歳になったTさんは
「看護師として救急を目指す」ことにしました。

32歳で3年制の専門学校を卒業すると、
Tさんは急性期病院に就職。
しかし、入職してみると
サービス残業は当たり前、
有給休暇が取れなくても仕方ない、
という看護師の労働環境に
疑問を抱くようになりました。

連載の紹介

キャリアお悩み相談室
病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど、看護師が抱えるキャリアの悩みをエピソード形式で紹介。「ナースときどき女子」「ハテナース」を運営する転職サービス「看護のお仕事」からお届けします。
看護のお仕事

この記事を読んでいる人におすすめ