日経メディカルAナーシングのロゴ画像

ナースマンの転職で「親子面談」をした理由

2020/02/14
看護のお仕事

イラスト:大高郁子

39歳のAさんは、
シングルファーザーになったことを機に、
「手に職を」という思いで
准看護師の資格を習得された男性看護師です。

長期入院患者が多い精神病棟に勤務して3年。
30代後半で、新人。
女性の多い職場で、経験の無い世界で、
Aさんはただ必死に仕事を覚えながら、
子どもの面倒も見てきました。

Aさんのお母さんも長年、
看護師として働いていて、
子育てを手伝ってくれています。
お母さんはこの春に
病院を定年退職する予定で、
同じくこの春に幼稚園へ入園する、Aさんのお子さんの面倒を、
今までより長く見てくれることとなり、
Aさんは、やっと将来のことを
考えられる余裕が出てきたそうです。

連載の紹介

キャリアお悩み相談室
病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど、看護師が抱えるキャリアの悩みをエピソード形式で紹介。「ナースときどき女子」「ハテナース」を運営する転職サービス「看護のお仕事」からお届けします。
看護のお仕事

この記事を読んでいる人におすすめ