最近、一般企業にお勤めだった方が
看護や介護の業界へ転職される、
というケースが非常に増えています。

社会のニーズも増えましたし、
将来のためにも「手に職を」という考えが
広がっているようです。

今回、ご紹介するKさんも、
一般企業に長くお勤めされた後、
看護学校へ通い、資格を取得された
34歳の新卒の方でした。

公立の大きな病院で、
とにかく忙しい急性期。
「新人だからやらなきゃ」という思いは、
やがて看護師という仕事に対する嫌悪へと
変わりつつありました。

「34歳の新人ナース」に病院見学を勧めたワケの画像

ログインして全文を読む