日経メディカルAナーシングのロゴ画像

「辞めたい」の裏側の気持ち

2018/07/16

普段、私たちは
「もっとこうだったら」
「なんでこうじゃないんだろう」と
他の何かと比較して、
現状の不満を言ったりしてしまうものですよね。

でも、本当にそれを失ってみてはじめて、
今までの居場所がかけがえのないものだった
と気づいてしまうこともあるものです。

  * * *

さて、今回は、一般病院に3年勤める
Hさんのお話をご紹介します。

最初にご相談を受けた時、
ご希望を伺うとHさんは、
「○○じゃないところ」「○○はしないところ」
という言い方を幾つもされました。

このまま、転職先をご紹介しても、
Hさんが納得いく転職はできないのではないか──。
そう感じた私は、まずはじっくりと
Hさんの“現状の不満”を
お伺いすることにしました。

すると、様々な不満のすべてが
実はひとつの原因につながっている、
ということに気づきました。

それは、
日勤のみの看護師さんと
夜勤可能な常勤の看護師さんが、
今の勤務先では
はっきり二分されている、
ということでした。

Hさんは常勤の看護師さんです。

Hさんがずっと感じている不満は、
日勤の看護師さんが頻繁に早退や休みを取っており、
そのカバーを常勤の看護師がしている
という点でした。

しかも、
看護師長さんは外部研修や管理業務に追われ、
現場のことはノータッチ。
実質、現場を仕切っている主任さんは、
「子どものことは仕方ないから」と
改善を考えてはくれないというのです。

連載の紹介

キャリアお悩み相談室
病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど、看護師が抱えるキャリアの悩みをエピソード形式で紹介。「ナースときどき女子」「ハテナース」を運営する転職サービス「看護のお仕事」からお届けします。
看護のお仕事

この記事を読んでいる人におすすめ