日経メディカルAナーシングのロゴ画像

抗菌薬の強い・弱いってどういうことなんだろう?

2015/08/04
忽那賢志

図1 ペニシリンGとメロペネムのスペクトラムの違い

 国立国際医療研究センター国際感染症センターの忽那(くつな)です。この連載は複雑に入り組んだ感染症診療に鋭いメスを入れ、様々な謎や疑問を徹底的に究明するものです。最近、本連載の更新が遅い気がしている方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことは気にせず、今回も感染症のあれやこれやについて考えてみましょう。

最初から「強い抗菌薬」を使うべき?
 さて、今回は抗菌薬の強い・弱いについて考えてみたいと思います。病棟で働いていて、医師が「よし…、ここはもっと強い抗菌薬に変更しよう!」と言うのを聞いたことがあるでしょう。「えっ…、じゃあ今まで使っていた抗菌薬は弱い抗菌薬だったってこと…?じゃあ最初から強い抗菌薬を使えばいいのでは…?」そんなふうに思ったことはありませんか?結論から言いますと、抗菌薬もわれわれ人間と同じです。抗菌薬に優劣なんてないんですッ!「みんなちがって みんないい by 金子みすゞ」であります。

 では、なぜ医師たちの間で「強い抗菌薬」「弱い抗菌薬」という言い方が生まれてしまうのでしょうか。それは主に、その抗菌薬が有効である菌の種類の幅広さ(スペクトラム)が異なるためです。例えば、ペニシリンGというペニシリン系抗菌薬は肺炎球菌などのレンサ球菌属には有効ですが、多くの場合で緑膿菌という細菌には無効です。一方で、メロペネムというカルバペネム系抗菌薬はレンサ球菌属にも緑膿菌にも(多くの場合)有効です。この違いがスペクトラムというものです(図1)。

 この図を見ると「やっぱりスペクトラムが広い方が強い抗菌薬じゃないか」と思われるかもしれません。それはある意味正しいのですが、ある意味間違っています。

 サイヤ人(※1)が地球に襲来したときのことを思い出してみてください。ベジータ(※2)がヤムチャ(※3)を倒すのにギャリック砲(※4)を使ったでしょうか?いえ、ベジータはそんなことはしませんでした。「ヤムチャくらいサイバイマン(※5)で十分だろう」ということで、サイバイマンを使ってヤムチャを倒したのです。つまり、これが抗菌薬の適正使用ですッ!!

 言っている意味が全く分からないかもしれませんが、自分的には今かなりしっくり来ました。ヤムチャがレンサ球菌、サイバイマンがペニシリンG、ギャリック砲がメロペネムだと思ってください。ヤムチャを倒すのにはサイバイマンで十分であるにもかかわらずギャリック砲を使用すれば、ヤムチャだけでなく周囲の環境も破壊されてしまいます。ヘタしたら仲間であるナッパ(※6)まで巻き沿いを食らうかもしれません。

 ここで言うナッパは、人間の体内では腸内の常在菌細菌叢である善玉菌だと思ってください(だいぶ無理があるかもしれませんが)。ナッパ(腸内細菌叢)がいなくなってしまうと、相対的に敵対勢力が増えて自分がピンチになります。これがクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)感染症(偽膜性腸炎)です。また、ギャリック砲を放つのは大変労力が伴います。その点、サイバイマンは安価であり確実に仕事をしてくれます。つまり、ヤムチャを倒すためにはサイバイマンの方がコストパフォーマンスが高いと言えるのです。

 そしてさらに!ギャリック砲を放ち過ぎて地球が荒れ果ててしまったことで何が起こるのか!地球にはいろいろな生物がいますから、中には特異体質的にギャリック砲が効かない生物が存在するかもしれません。天津飯(※7)だって威力のいかんにかかわらずかめはめ波(※8)が効かなかったわけですから、ギャリック砲が効かない生物がいてもおかしくないはずですッ!

著者プロフィール

くつな さとし氏●2004年山口大学医学部医学科卒。関門医療センター、市立奈良病院などを経て、2012年から国立国際医療研究センター国際感染症センターに勤務。趣味はお寺巡りとダニ収集。

連載の紹介

忽那賢志の「感染症相談室」
感染症にまつわる臨床現場でのさまざまな謎や疑問を徹底的に究明。複雑に入り組んだ感染症診療に鋭いメスを入れていきます。

この記事を読んでいる人におすすめ