半年ほど前に、友人のA澤さん(30代後半・女性)から電話がありました。「実は、今度入院する前にアートメイク眉にしよう思ってるんです」「ちょ、ちょっと待って」。アートメイクとは、皮下に色を入れるタトゥ(刺青)の一種。施術を受ければ、数年は洗顔をしても水泳をしても、その色と形は保たれます。つまり、化粧で眉を描くように自由に形を変更することはできません。除去する方法はレーザー治療や手術です。皮膚障害や感染症といったトラブルも報告されていますから、施術を受けるかどうかの決断には熟慮が必要でしょう。

「化粧禁止」のルールに苦しむ入院患者の画像

ログインして全文を読む