日経メディカルAナーシングのロゴ画像

看護師が専門を持つということとは?

2013/12/02

 皆さまはじめまして。木澤晃代と申します。このたび、ナース向けサイト「Aナーシング」のオープンに合わせて、エッセイ執筆のお話を頂きました。タイトルの通り、私のコラムは仕事の話題がメーンになると思いますが、「女性が働くということとは?」「専門性を持って働くということとは?」といったことを自問しながら日々仕事をしているので、その辺りのことも書いていければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

著者プロフィール

木澤晃代氏(筑波メディカルセンター病院看護師長)●きざわ あきよ氏。1997年から筑波メディカルセンター病院勤務。ICU・救急外来勤務を経て、2004年救急看護認定看護師資格取得。08年東京女子医大大学院卒業、急性・重症患者看護専門看護師資格取得。11年特定看護師(仮称)養成施行事業実施課程、12年看護師特定行為・業務試行事業を経て、臨床現場で活躍中。

連載の紹介

木澤晃代の「救命救急の現場から」
特定行為に関わる研修修了者”として救急領域で実践活動を行っている筆者が、臨床現場のさまざまなエピソードを基に、看護業務のあり方、さらには仕事と家庭との両立、専門性の追求といったナースのキャリアに対する想いを綴ります。

この記事を読んでいる人におすすめ