日経メディカルAナーシングのロゴ画像

在宅やリハビリの現場で威力発揮
iPhoneでSpO2を測定
マシモジャパン「iSpO2」

写真 マシモジャパンの「iSpO2
先端にクリップセンサー、もう一方の先端にコネクタがある(上)。iPhoneやiPadにつなぐと、SpO2や脈拍数などが表示される(下)。

 日常業務に欠かせない、酸素飽和度(SpO2)の測定。昨年11月、iPhoneやiPadに接続してSpO2を測定するパルスオキシメーター「iSpO2」をマシモジャパンが発売した(写真)。

 iSpO2は先端にクリップセンサーがついており、もう一方の先端にiPhone、iPadと接続するコネクタがある。iPhone、iPadに接続すると、SpO2、脈拍数、末梢循環の定量的な指標である灌流指標(PI)、脈波形が一覧で表示され、脈拍に合わせて電子音が鳴る。「履歴」モードにすると、継時的な値の変化がグラフで示される(図)。

 iSpO2の特徴は、センサーを装着している間、SpO2や脈拍数などの推移を連続してモニタリングできることだ。呼吸器や循環器疾患などを有する患者では、ある一時点のSpO2や脈拍数を見ただけでは、その値が徐々に低下しているのか、回復しつつあるのかといったことが分からないが、iSpO2を使えば、状態の変化が的確に捉えられる。

連載の紹介

Aナース口コミ掲示板 私の一押し
「病棟に新しく入ったこの医療機器がすごい!」「この本、後輩に薦めたい!」「うちの病棟ではやっているグッズはこれ」——。臨床現場でお役立ちの医療グッズや書籍など、第一線ナース一押しの一品を紹介するコラム。読者の皆様の“ぜひモノ”も随時募集します。応募先はこちら

この記事を読んでいる人におすすめ