消化管閉塞は、消化管がんなどで将来的に起こる可能性が高い場合には、あらかじめステントを入れたり、バイパスや人工肛門(ストーマ)を作ったりするなど、終末期に困らないような対策を取っておくことが多くなっています。例を一つ挙げると、結腸の肝弯曲の辺りに将来詰まりそうな部位があり、回腸から横行結腸にバイパスを繋いだところ、最後まで食事が摂れた患者さんがいました。

栄養補給の「ギアチェンジ」のタイミングは?の画像

ログインして全文を読む