人生の大半はきちんと食事を摂るのが普通ですから、食欲不振は異常な出来事と捉えられ、家族の気持ちに大きな影響を与えます。「食べないから元気になれない」とか「少しでも多く食べれば、それだけ元気になれる」「食べないと死んでしまう」と考える家族は多く、「もう少し食べたら?」と患者さんに勧めている姿をよく見かけます。しかしそれは、本人にとっては逆につらい場合が少なくありません。

がん終末期では体が欲する食事量を尊重すべしの画像

ログインして全文を読む