日経メディカルAナーシングのロゴ画像

「目指すべき老衰」を阻むつらい訴えに対応する(8)食欲不振
がん終末期では体が欲する食事量を尊重すべし

2019/04/15
平方 眞(愛和病院)

 本連載では、書籍『看取りの技術』の内容の一部を、加筆修正してご紹介します。前回に続いて、がん患者さんの食欲不振への対応法について述べます。

本人が食べたいものを食べたい量だけ
 人生の大半はきちんと食事を摂るのが普通ですから、食欲不振は異常な出来事と捉えられ、家族の気持ちに大きな影響を与えます。「食べないから元気になれない」とか「少しでも多く食べれば、それだけ元気になれる」「食べないと死んでしまう」と考える家族は多く、「もう少し食べたら?」と患者さんに勧めている姿をよく見かけます。しかしそれは、本人にとっては逆につらい場合が少なくありません。

 若い人が風邪で寝込んだ後などでは、栄養をしっかり摂ることで体力が戻って元気になりますが、がんなどで終末期を迎えた場合はそれとは違います。がん患者さんは、実際の年齢よりも何十歳も余分に年を取ったような状態になっており、体力が低下し、栄養や水分を受け止める力も減少しています。食べられなくて体力が低下してくるのではなく、がんで体力が低下し食べられなくなっているのであり、栄養や水分を補給すれば元気になるというものではありません。

 体が受け止められる量が減っているわけですから、無理に食事を摂ると、受け止められなかった分は逆に体の負担となり、苦しむ原因になります。苦しませないためには、たとえそれがわずかな量であっても、その人のそのときの体が受け止められるだけの量を補給することが大切です。

 がんで体力が非常に少なくなってきた高齢の女性患者さんで、1日にヤクルト2本を飲むだけの人がいました。とてもしっかりしていて、「元気をつけようと思って、たくさん食べようとしてみたこともあったけど、今の私にはこれくらいがちょうどいい」と言い、それ以外は何も摂らずに、3~4週間、ヤクルト2本で安定して過ごしていました。その後徐々に体力が低下して、最期は本当に静かに亡くなりました。今の自分に一番合っている食事量を、自身で探り当てたわけです。

 食事量が「毎食スプーン数杯」という別のある患者さんがいました。家族は少しでも余分に栄養が摂れるようにと「もう一口食べて」と口に運んでいましたが、本人だけのときに「毎食ご家族が手伝ってくれて、いいですね」と声をかけると、その人は「嬉しいんだけどね、でも毎食大食い大会させられている気分だよ」と苦笑いしながら答えました。

 体が受け止められる量がどのくらいかは、その人の体格や状態によって全く違います。これまでの経験から一言で言うと、本人が「食べたい」と思うものを「これくらいだったらおいしく食べられた」という量にしておくのが一番良いようです。

著者プロフィール

1990年山梨医科大学(現山梨大学)医学部卒業。武蔵野赤十字病院、町立厚岸病院、自治医科大学血液内科を経て、1994年に諏訪中央病院に着任。96年頃から訪問を中心に緩和ケアを開始し、98年に緩和ケア担当医長に就任。2009年から愛和病院副院長。著書に『看取りの技術』(日経BP)がある。

連載の紹介

平方眞の「看取りの技術」
国内に数少ない緩和ケア専門病院で副院長を務める筆者が、これまで1500人以上の患者を看取ってきた経験を基に、患者・家族をより良い死へと導くための技を紹介します。癌などの基礎疾患を抱えていても「最期は老衰を目指す」というのが、筆者の診療スタンス。そのノウハウとは——。
著書『看取りの技術』好評販売中

 これまで1500人以上の患者を看取ってきた著者が、患者に納得いく最期を迎えてもらうための“平方流”看取り方を公開。迫り来る「多死社会」を意味あるものにするため、患者を「より良く看取る」ための技と心得を、終末期医療に携わるすべての医療者に向けて伝授する。(平方 眞著、日経BP社、3240円税込)

この記事を読んでいる人におすすめ