前回説明したステップ1で楽にならないようであれば、ステップ2に進みます。ステップ2 ではモルヒネを痛みに対する処方と同じように、例えば硫酸モルヒネ徐放剤(商品名MSコンチン他)を20mg/日を朝晩に分けて服用するといったように、定期投与します。痛みと同様に、1日量の6分の1量を目安にレスキュー薬も処方しておきます。もっと少量で呼吸困難が取れる人もおり、少量のモルヒネと同じ効果があるリン酸コデイン20mg錠を3錠分3で開始してもいいでしょう。

意識状態を保ちつつ呼吸困難を和らげる難しさの画像

ログインして全文を読む