呼吸困難の原因はさまざまです。がんによって肺の機能が障害されている場合には、高頻度で呼吸困難が生じます。COPD(慢性閉塞性肺疾患)など、以前から肺の疾患がある場合には、肺にがんがなくても呼吸困難の訴えは当然出てきます。また、特に肺に異常がなくても、がんが進行して体力が落ちてきたときに、息苦しさを訴える人は少なくありません。いくら考えて調べても、呼吸困難の原因が特定できない場合もあります。

「呼吸困難」と「呼吸不全」は切り分けて対応をの画像

ログインして全文を読む