日経メディカルAナーシングのロゴ画像

コロナワクチンを注射器5本に分注するには

2021/07/05
ハテナース

Question

質問したキッカケ
看護の現場から離れて大分たちますが、何かお手伝いできたらと思い、自治体のコロナワクチン接種会場で薬液を準備する仕事を始めました。生理食塩水でワクチンを希釈して、1バイアルから5回分のワクチンを吸い上げて準備をしています。その際、疑問が生じたので質問させてください。

バイアルからワクチンを吸い上げる時に、「吸い上げ用の針は替えずに、固定したままシリンジのみを交換して薬液を吸い上げる。その後に、接種用の針を取り付ける」という方法を教えてもらいました。理由を聞くと、一度バイアルのゴム栓に刺した針は痛いので、患者さんに接種する時は新しい針に付け替えるというものでした。準備されたシリンジや針の数にも限りがあって、あるもので準備をしなければなりません。

いろいろなワクチン準備の動画を見たのですが、1回吸い上げるごとに接種用の針とシリンジを交換していたので、教えてもらった方法が正しいのか分からない状態でいます。

質問したいこと
この場合、シリンジと針の接続部分を何度も交換することで不潔になるリスクが高まり、適切な方法ではないと思うのですが、現場ではよく実施されている手技なのでしょうか。通常の手技であるなら、気を付けるポイントをお教えください。

連載の紹介

教えて!ハテナース
「この看護手技、こういうやり方で合ってる?」「このケアを受ける患者さんの苦痛を減らすには?」──。看護技術に特化したQAサイト「ハテナース」から、看護師の「ここが知りたい!」に答えるQ&Aをお届けします。ハテナースは、転職サービス「看護のお仕事」が運営しています。
看護のお仕事

この記事を読んでいる人におすすめ