日経メディカルAナーシングのロゴ画像

褥瘡の「外科的デブリ」はどんなときに必要?

2020/12/28
ハテナース

Question

質問したキッカケ
内科に勤務する2年目です。先日入院してきた高齢患者さんの仙骨部に、直径3cmほどの黒色痂皮が付着した創を見つけました。担当医師に報告した後、ハイドロゲルの創傷被覆材を開始し、毎日洗浄後に被覆材の貼付を繰り返しました。しかし、1週間後に痂皮の間から悪臭を伴う膿が大量に流出し、皮膚科の医師から、発見時に外科的デブリードマンの処置が必要であった旨を告げられました。

質問したいこと
創があった場合、どの段階で外科的デブリードマンが必要になるのでしょうか。

連載の紹介

教えて!ハテナース
「この看護手技、こういうやり方で合ってる?」「このケアを受ける患者さんの苦痛を減らすには?」──。看護技術に特化したQAサイト「ハテナース」から、看護師の「ここが知りたい!」に答えるQ&Aをお届けします。ハテナースは、転職サービス「看護のお仕事」が運営しています。
看護のお仕事

この記事を読んでいる人におすすめ