日経メディカルAナーシングのロゴ画像

整容に手を貸しすぎず、短時間で援助するには

2020/08/24
ハテナース

Question

質問したキッカケ
内科病棟で勤務している看護師です。入院患者さんには高齢の方が多く、朝夜の歯みがきや洗顔など「整容に対する援助」が必要な方もたくさんいます。患者さん自身ができることについては、ご自身でしていただくのがADL(Activities of Daily Living:日常生活に最低限必要な基本的動作)の維持のためには大切ですし、看護師による過剰な援助は患者さんのためにならないと思うのですが、朝晩の整容を夜勤帯の仕事として割り振られています。

患者さん自身に整容動作をしていただいていると、看護師がそれを見守る必要のある方も多いので、1人の患者さんが整容を終えるまでにとても時間がかかってしまいます。夜勤帯なのでどうしても人手が足りず、かといって時間がたくさんあるわけでもないので、つい患者さんができることに対しても看護師が手を貸して早く終えているのが現状です。

質問したいこと
どうやったら患者さんのADLを低下させずに、スピーディーに整容に対する援助ができるのかを教えていただきたいです。

連載の紹介

教えて!ハテナース
「この看護手技、こういうやり方で合ってる?」「このケアを受ける患者さんの苦痛を減らすには?」──。看護技術に特化したQAサイト「ハテナース」から、看護師の「ここが知りたい!」に答えるQ&Aをお届けします。ハテナースは、転職サービス「看護のお仕事」が運営しています。
看護のお仕事

この記事を読んでいる人におすすめ