日経メディカルAナーシングのロゴ画像

夜勤中のショック、「すぐ報告」がダメな理由

2020/01/27
ハテナース

Question

質問したキッカケ
外科病棟の2年目看護師です。先日、夜勤中に心電図のアラームが鳴り、訪室すると患者さんの収縮期血圧が60mmHgまで低下していました。意識レベルが低下している様子でした。私は慌てて先輩看護師を呼びに行きました。先輩看護師に事情を説明すると、「なぜ患者さんのところから離れたの?」と言われました。先輩看護師は患者さんの点滴速度を少し上げ、下肢挙上を実施してから、当直医に報告。幸い、点滴を500mL追加することで、患者さんに大きな別条はなく状態が安定しました。

質問したいこと
患者さんがショックを起こした場合、すぐに報告するように教えられていたのですが、私の行動は間違っていたのでしょうか? また、ショックを起こした患者さんへの対応についても教えてください。

連載の紹介

教えて!ハテナース
「この看護手技、こういうやり方で合ってる?」「このケアを受ける患者さんの苦痛を減らすには?」──。看護技術に特化したQAサイト「ハテナース」から、看護師の「ここが知りたい!」に答えるQ&Aをお届けします。ハテナースは、転職サービス「看護のお仕事」が運営しています。
看護のお仕事

この記事を読んでいる人におすすめ