日経メディカルAナーシングのロゴ画像

コンパートメント症候群って検査でも起こるの?

2019/11/04
ハテナース
コンパートメント症候群って検査でも起こるの?の画像

 こんにちは。先日、橈骨動脈アプローチで血管造影を実施した患者さんが、検査から2時間経過した時に、穿刺部周囲の疼痛と腫脹を訴えてきました。確かに軽度の腫脹はありましたが、検査後の一時的な変化と判断しました。でも、先輩に相談すると「コンパートメントかもしれない」と言われ、主治医に報告することになり、皮膚に針を刺したりして、最終的に減張切開を行いました。

 コンパートメント症候群とは、どのようなものなのでしょうか? 早急に減張切開が必要になるようなことなのでしょうか?

連載の紹介

教えて!ハテナース
「この看護手技、こういうやり方で合ってる?」「このケアを受ける患者さんの苦痛を減らすには?」──。看護技術に特化したQAサイト「ハテナース」から、看護師の「ここが知りたい!」に答えるQ&Aをお届けします。ハテナースは、転職サービス「看護のお仕事」が運営しています。
看護のお仕事

この記事を読んでいる人におすすめ