日経メディカルAナーシングのロゴ画像

摘便を「2本指」で行うのは不適切では?

2019/10/14
ハテナース
摘便を「2本指」で行うのは不適切では?の画像

先日、男性看護師の先輩と摘便の処置に入った際の話です。先輩は示指と中指の2本を肛門内に入れ摘便を行っていました。指を2本使用して摘便を行う看護師を初めて見たので驚いています。

疑問に思ったので尋ねると、「自分は消化器の病棟で何人も摘便を行ってきている。肛門の大きさによって1本か2本か決めている」という答えが返ってきました。その患者さんは、摘便のあと出血していました。

連載の紹介

教えて!ハテナース
「この看護手技、こういうやり方で合ってる?」「このケアを受ける患者さんの苦痛を減らすには?」──。看護技術に特化したQAサイト「ハテナース」から、看護師の「ここが知りたい!」に答えるQ&Aをお届けします。ハテナースは、転職サービス「看護のお仕事」が運営しています。
看護のお仕事

この記事を読んでいる人におすすめ