いつものようにA病院の看護師長らが、病床コントロールに関する会議を開催していると、一般病棟の山田師長のPHSに、外来から入院患者依頼の一報が入りました。「森田愛子さん(仮名)、92歳、女性。腹痛を主訴に外来受診。50万円持っているから入院させてほしいって言ってるの?いつものかかりつけの診療所の先生がお休みでうちに来たの?それで主治医は何て?入院が必要な状態なの?」。山田師長が電話で患者さんの情報を聞きながら、隣のスタッフが電子カルテでその患者さんの情報を開いて見ています。

入院したい患者と家に帰したいナースの画像

ログインして全文を読む