日経メディカルAナーシングのロゴ画像

どうする!? 訪問看護中のトイレ問題

2018/12/20
菊間はっか
どうする!? 訪問看護中のトイレ問題の画像

「トイレに、行きたい!」

 訪問看護ステーションによって多少の違いはありますが、1日の1人当たりの訪問件数はだいたい5~6件。朝のミーティングのあとに訪問に出掛け、昼休みに一度戻ってきて午後にまた出掛けることになりますが、訪問先が遠方だったり合間に担当者会議などが入ったりすると、夕方まで一度もステーションに戻らないということもよくあります。

 1日中外回りをしていると、当然、「トイレに行きたい!」となるわけです。利用者さんのお宅のトイレは基本的にはお借りしないことになっていますので、公共のトイレが訪問看護師の強い味方です。訪問看護を始めてから、街のトイレの場所や使い勝手のよさなどにとても詳しくなりました。移動する間も、使えそうなトイレがあるかの偵察は怠りません。

著者プロフィール

きくまはっか氏●現役訪問看護師。10年の臨床経験ののち、11年の企業健康管理室勤務などを経て、45歳で訪問看護師デビュー。現在は、東京郊外の訪問看護ステーションで非常勤勤務。趣味は4年前に始めた俳句 。訪問中、自転車を漕ぎながら1句ひねることも。東京郊外に夫と猫2匹と暮らす。

連載の紹介

ぐるぐる訪問看護
父を在宅で看取った経験から、45歳で訪問看護師デビューをしたナースが、固くなった頭と身体をフル回転!して、ぐるぐる悩みながらも楽しく働く日々──。訪問先で出会う個性的な患者やその家族、同僚たちが巻き起こす、笑えてほのぼのするエピソードをお届けします。

この記事を読んでいる人におすすめ