日経メディカルAナーシングのロゴ画像

どうしたらいい?「急変時」の不整脈とその対応

2020/09/04
田中喜美夫(田中循環器内科クリニック)

Q. 緊急対応が不安です。急を要する不整脈にはどのようなものがありますか?

A. 対応しないと生命にかかわる不整脈を「致死性不整脈」といいます。心室頻拍、心室細動、高度な徐脈は致死性不整脈であり、循環不全による意識障害やショック、心肺停止といった重篤な症状を呈します。予測不能な場合もありますが、前兆が胸部症状やバイタルサインの変化、モニター心電図の変化に表れることがありますから、「おかしい」と思ったら報告して12誘導心電図記録や厳重な観察が必要です。

連載の紹介

Q&Aで分かる!心電図の読み方
心電図に対して苦手意識を持っていませんか?循環器専門医の筆者が、看護師からの質問に答える形で、「危険な不整脈」を判読するためのポイントを解説していきます。看護師の学び・仕事に役立つサイト「ナース専科plus」の協力でお届けします。
ナース専科plus

この記事を読んでいる人におすすめ