日経メディカルAナーシングのロゴ画像

DM Ensemble「2013 Vol.2 No.1」
妊娠糖尿病患者のケア
「連載 糖尿病診療update」より抜粋

2014/12/01
竹山聡美(日本私立学校振興・共済事業団東京臨海病院 看護部 糖尿病看護認定看護師)

 2010年、妊娠糖尿病の診断基準が25年ぶりに改訂となった。この改訂により全妊婦に75gOGTTを施行した場合、これまでの診断基準と比較し妊娠糖尿病と診断される頻度は約4.1倍に増加する。

 また母児の周産期合併症予防管理の観点からは、非妊娠時より厳格な血糖管理が求められる。今回、妊娠糖尿病患者への療養支援に必要な知識としての妊娠糖尿病の診断基準、妊娠経過と糖代謝の関係と妊娠糖尿病患者へのケアの実際について述べる。


連載の紹介

DM Ensemble ~selection~
日本糖尿病協会が発行する雑誌「DM Ensemble」のバックナンバーの中から、ナースの日常臨床に役立つ記事をセレクトしてお届けします。同誌は、糖尿病のチーム医療に関わるすべての職種を対象にした療養指導者向け雑誌(年4回発行)。最新の指導ノウハウを習得したい方には、定期購読がお勧めです。

この記事を読んでいる人におすすめ