日経メディカルAナーシングのロゴ画像

訪問看護師に必要な「対外影響力」とは

2016/01/11
村山 真美(ケアプロ訪問看護ステーション東京)
訪問看護師に必要な「対外影響力」とはの画像

 先日の訪問時のことです。利用者様は多発性脳梗塞後のAさん(90歳女性)。ご家族が日中仕事をしているため、1日数回のヘルパーサービスを受けています。失語症・認知症に加え、脳梗塞後の後遺症で誤嚥性肺炎の危険があり、訪問看護の依頼内容のうちの一つに、「食事介助に入っているヘルパーさんに対して、吸引操作の手技指導、確認を行うこと」とありました。

連載の紹介

ケアプロの「訪問看護最前線」
東京都内で訪問看護ステーションを運営するケアプロ。同社の訪問看護師が、日々の看護記録とは別に書きためている「日報」を、コラムに再編しました。家で暮らすことを選んだ人々を支える訪問看護の生々しい現場の様子と、訪問看護師たちの心の動きを綴ります。(ケアプロの運営する新卒・新人訪問看護師応援サイト「CAN-GO!」はこちら

この記事を読んでいる人におすすめ